教育education

教育

スポーツは、教育の分野でも大きな役割を果たしています。

日本では、教育の一環として行うスポーツは、「体育」といい体を動かすことで人を育てるということでこの漢字が使われています。体育とスポーツについては、議論があるところですが、スポーツ競技やチームとしてその運動能力を高めるには、個々の才能を引き出し関係者が一体感をもってレベルアップするには、導き役や支える方ほか運営に関わる多くの方々の存在とスキルがスポーツ全体へ大きな影響を与えます。

スポーツは、当然のことながら個人競技、団体競技にかかわらず、1人で行っているのではありません。実際にプレーを行う人以外に、それを支える協力者たちとで成り立っています。スポーツ事業そのものとして広く捉えると、グラウンドなどの整備に従事する人や施設全体を管理する人、観戦者への対応、チケットやグッズの販売、広報から販売促進など多くの役割があり、これらのスポーツ競技者以外の役割を担う人々を対象とした人材育成や教育のプログラムの必要性が高まっています。

JACSの姿勢

我々がいう「人材育成と教育プログラム」は、基礎的な教育ではありません。スポーツ事業には、身体を動かすだけではなく運営する側、ビジネスを行う側に分かれます。また、ITやメディア、観光といった周辺産業まで視野を広げると早急な人材養成が不可欠となります。それぞれの担い手となる方々が、スキルを修得するには、座学だけでなく、スポーツを中心とした多様な取り組みを実際に行い、学び、経験する環境が必要となります。

普及活動の要素を組み合わせた「チャレンジキッズ」やその他スポーツの楽しさや様々な体験の場と並行して、スポーツを通じた社会貢献事業に取り組む担い手が育つ為に人格形成といった教育的要素を軸とした機会創出に取り組みます。

参照:文部科学省 教育ページ


チャレンジキッズ
スポーツマジック
ポールメソッド
スポーツアカデミー
多様なスポーツのかたち
子どもから大人まで三世代に向けて
低学年からのスポーツ・ルール
USSSA Japan
avex